2007年5月20日 (日)

*** 5月 体外準備周期 ***

4/23  D1  リセット
4/24  D2  右26.7mmの卵胞有り 
         E2:222
5/1   D9  右23.4mm、左14.6mmの卵胞有り、内膜5.5mm
5/7   D15 プラノバール開始 9日間
5/21  D29 リセット

高温期にプレマリンを飲んでFSHを抑制する!という方法を取ったものの、今周期もD2で卵胞が居座ってました。なんだかなぁ。。。
私のイメージだと前高温期に育ったというより、本当は排卵しなかったんじゃないか(排卵チェックで見過ごした?)と思うけれど、院長は高温期に育ったんだろうと。
だとしたら、プレマリンを一日2錠飲んでもFSHを抑えられない私って一体。。。

一週間後のD9で再診。今度は左にまで卵胞がありました。
誘発剤はしばらく使ってないのに、前回に引き続き二つも卵胞が育ってしまうなんてなんて勿体無いの!(>_<)

どちらにしろD2でここまで育っていた卵胞達で体外受精は厳しいということで、またもやリセット周期です。
そして、またプラノバールのご提案。

もう、プラノバール飲みたくない。

何度も何度も訴えたけど、「プラノバールのせいじゃなくて、残念だけどそういう状態なんだと思う」と院長に言われてしまい・・・
卵巣機能不全の太鼓判を押されたようなもんです。ショック。

でもね、そうだとしてもプラノバールでFSH下がらないなら何か他の方法を探して欲しいんだよねぇ。
間違いなく次もFSH下がらないと思う。

確実に一年前より酷くなってる。
時間が迫ってる事を思い知らされます。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

*** 4月 体外準備周期 ***

*** この日記は07年5月に書いています ***

4/1  D1 リセット
4/3  D3 左10mmの卵胞有り 
       FSH:32.48 LH:11.43 E2:54 P:0.62
4/6  D6 左は確認できず 右に7.5mmの卵胞有り
       E2:97.65
4/13 D13 左右とも卵胞確認できず 内膜:7.3mm
        → 「排卵済み」と診断
       本日~生理2日目までプレマリン朝夕1錠服用
4/23 D23 リセット

D3で既に左に10mmの卵胞がありました。
多分、前の高温期からスタートしちゃった卵胞だと思います。FSHも高く、またしてもプラノバールが裏目に出た感が。
この時期にコレだけ大きい卵胞があると今回もリセット周期になりそうです。

D6に経過確認で再診。
左の卵胞は確認できず、今度は右にも卵胞がありました。
E2の値を見ても、どちらかの卵胞が育ってる途中のよう。

D13には体温も上昇、内膜の様子から排卵済みとの診断。
高温期にFSHが高くなって、次周期の卵胞が出るのを抑える為、高温期にプレマリンのみ服用します。

何だか、もう卵巣と子宮のタイミングがバラバラ・・・
凹むなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月28日 (水)

*** 2月 体外準備周期 ***

*** この日記は07年5月に書いています ***

2/14 D3  卵胞なし FSH:36.7 LH:10.5 E2:43.65 P:14.23
2/20 D9  体外受精前の検査
3/01 D16 体温上がらず。ピルを勧められるが様子見
3/20 D37 高温期に入っても内膜が薄い為、プラノバール8日間処方
4/01 D49  リセット

D3の検査結果が当日に出なかった為、FSHがここまで高いのに対処無しでスタートしてしまいました・・・
なんとかD30あたりから体温が上がったものの内膜が厚く無い為、生理が来るか怪しいとのことでプラノバールの服用を承諾しました。
その後、プラノバールを飲み終えてから5日後にリセット。かなり長い周期になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

次の周期に向けて

周期3日目 《36.51℃》
*** この日記は07年4月に書いています ***

今日は内診と血液検査でした。
内診の後の診察でドクターに体外受精へ移行する旨を伝えました。

今周期は誘発無しの自然周期で体外受精の周期に備えます。

普通、体外受精の前周期にはピルで卵巣をコントロールして、本番の周期に強めの誘発をかける方法が多いみたいですが、私みたいに卵巣機能が弱っている場合だどピルは不向きです。本番の誘発もあまり強いものは掛けられず、セロフェンと補助的に注射という予定。

ピルを飲まなくてほっとしたような、そこまでダメダメなのかと思うと、寂しいような複雑な気分です。((+_+))

次回は1週間後に卵胞チェックです。
ここのところ薬漬けだったから、自力排卵できるかちょっと不安です。

この周期で奇跡が起こって、体外受精はキャンセル!ってなればいいのに・・・
やっぱり夢くらいみたいです。(ー人ー)ナムナム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ステップアップします!

周期1日目
*** この日記は07年4月に書いています ***

今日、やっとリセットしました。ルトラールを飲み終わってから1週間。相変わらず、リセットまで時間がかかります。

前々から考えていたけれど、そろそろステップアップの時期じゃないかと。
旦那と私の卵管に問題は無いのにタイミングで結果が出せなかったことを考えると、AIHで妊娠する確率は低いと思ってます。
とにかく私のタイムリミットが近いので急いだ方が良さそうなんですよね。

さっそく、明後日の通院でDrにスケジュールの確認をお願するつもりです。
ようやく私も体外受精デビューです☆

今周期はFSHが下がっていると良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

***AIH 3回目? ⑤ ***

周期15日目 《36.70℃》
*** この日記は07年4月に書いています ***

一応、排卵誘発した周期なので、卵胞が残ってないかどうかクリニックで診察してきました。左右3つとも排卵済みでした。

注射が無くても排卵したんだから、偉いぞ!タマゴちゃん達。
内膜も何とか11mmまで厚くなってました。
AIHは無理でも、せめてタイミングだけでも取れてたらな~(T_T)
仕方無いけどさ。。。旦那アレだもんなぁ。

体温は順調に上がっているけど、hMGだけでタマゴを育てた場合はその後のホルモンが足りなくなる場合もあるとの事でDrにルトラールを勧められました。
今回は正真正銘、可能性Oなので、早めリセットを願って今日から7日間だけルトラールを服用します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

***AIH 3回目? ④ ***

周期12日目 《36.84℃》 
*** この日記は07年4月に書いています ***

今日は朝一でAIH・・・の予定したが、キャンセルになりました。
昨晩あたりから排卵痛に近い痛みもあったし、タイミング的には良かったと思います。

でも、何というか、その。

旦那が寝込んでしまったのです。(T_T)

昨日の午後から何だか様子がおかしくて、もしかしたら風邪かな~と予感はしていました。ただ、この事態なので多少は体調悪くても今日はクリニックに行こう!と二人で相談していたのです。

でも当日の朝、起きて測ったら何と38℃!
私に申し訳ないらしく、頑張るって言ってはくれるのだけどかなり辛そうです。こんな熱でフラフラの病人に頼むことじゃ無いし、いい結果が出る気もしないですよね・・・。
泣く泣く病院にキャンセル電話をいれました。
ごめんよ、タマゴちゃん達。(・_・、)

旦那には気にしないでいいからね、と安静にしてもらいました。

が、その後も旦那の熱は下がる気配が無く、内科の病院へ連れて行くと診断はインフルエンザ。
あ~無理させなくって良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

***AIH 3回目? ③ ***

周期11日目 《36.46℃》
*** この日記は07年4月に書いています ***

1/19 D4  hMG150
1/21 D6  hMG150
1/23 D7  hMG150 左:13mm×2 内膜:7mm
1/25 D9  hMG150 
1/26 D11        左:14.6、12.4mm 右:12.6mm 内膜:7mm

今回はクロミッドなしで、hMGで攻めの周期でした。
タマゴは左に2個、右に1個できたものの、まだチビちゃんのくせに排卵期のオリモノが・・・。Σ(|||▽||| )
Drの内診では週明け排卵らしかったのですが、念のためLHの検査をやったところ、やっぱり+反応でした。

そんな訳で急遽、明日AIHです。
まだ小さいし、内膜も薄いし大丈夫かなぁ。。。心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

***AIH 3回目? ② ***

周期4日目 《36.46℃》
*** この日記は07年4月に書いています ***

昨日・今日とクリニックへ行って来ました。
昨日の内診では左右の卵巣は問題なく、今日はFSHの検査結果を聞きに行きました。数値は16。
うーん、やっぱり悪いんだなぁ。。。

でも、Drが言うには刺激をかけるにはギリギリ行ける値だし、昨日の内診で小さい卵胞が見えていたので、「やりましょう!」ということでGoサインが出ました。

三回目のAIH開始です!
今日から一日おきにhMGを打つ為に通院します。頑張らなきゃ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

***AIH 3回目? ① ***

周期1日目 《36.47℃》 
*** この日記は07年4月に書いています ***

年末のリセット後は体温がうまく下がらないまま生理が終わり、再び高温期に突入しました。

そして、21日周期で本日リセット。短っ。
この頃はプラノバールもルトラールも飲まないほうが、何となく生理の経血が多い気がします。短い周期の割にはかなりしっかりきました。

病院の予約を取ったので、明後日行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

年末にリセット

周期1日目 《36.65℃》
*** この日記は07年4月に書いています ***

排卵後、ルトラールを飲んだこともあって順調に高温期を過ごして、年末にリセットしました。流石に奇跡は起こりませんでした。(^_^;)
そんなに期待もして無かったので、さらっと流して次に向けてGoです。

ちょうどクリニックの最後の診察日には間に合いそうでしたが、日程的に難しかったのと、どちらにしても年始にAIHは準備ができそうにないので諦めました。
一回お休みして、ゆっくり年始を迎えようと思います。

実はsai家は土地&家を買うことが決まりました!
時間ができたら詳しくお話したいのですが、ここまでかなりのドタバタがありました・・・(u_u;)
家を買うって本当に本当に面倒臭いです!!
これからもっとストレスたまる事あるんだろうな~と思って今から憂鬱です。本来ならば楽しいことのはずなのに。

これから家を買う皆様、覚悟しておいたほうが良いですよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

クリニックでも排卵確認

周期14日目 《36.68℃》
*** この日記は07年4月に書いています ***

不妊クリニックでも排卵確認できました。
内膜は7mmなので期待はできないけど、これでプレマリンは飲まなくても良くなりました。
今日からルトラールだけ10日です。
Drはちょっと驚いてた感じです。

多分これで年末にリセット入るけれど、仕方ないか~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

それでもタマゴは育つんだな

周期13日目 《36.65℃》
*** この日記は07年4月に書いています ***

FSH27ではタマゴも育たないだろうというDrの言葉に渋々納得して、今周期はカウフマンの予定でした。Day13まで薬は待って12/11~12/31までプレマリン、12/21~12/31までルトラールを追加して年明けにリセットさせるスケジュールです。普通にやると年末に生理が被ってしまう恐れがあるので、無理やり周期をズラす感じでした。

また薬・・・なんてナーバスにもなるけど、ここらでお休みするのも良いのかも、と自分を納得させていました。

するとDay10に。

突然、排卵期特有のおりものがありました。しかも僅かだけど、体温も上がり始めているような感じ。(・o・)アレ?

うん、これ、きっとタマゴ育った。排卵した。
何だか確信がありました。

自力排卵してるなら、プレマリンは飲まなくて良いはず。高温期にルトラールを追加するくらいで充分です。
そう、例え年末にリセットするとしても、無理やりじゃなくてできるだけ自分の体のリズムに合わせた治療をしたいんだもん!

そんな思いを抱きつつも、へタレなワタシはどうしても不妊のクリニックに行く勇気が無くって、ワンクッション置くことにしました。
子宮ガン検診でお世話になった近所の産婦人科に電話をして、そんなことが可能かどうか確かめてみると、Okとの事。

早速、卵胞チェックしてもらうと、やっぱり左から排卵した直後でした。

なーんだ、FSH高くてもタマゴ育つんだ~
そりゃぁ、タマゴの質は分からないけど、排卵した方が次の周期が安定するパターンなので、ちょっと嬉しくなりました。(^^)
遅いかもしれないけど、その夜はタイミングも取ってみました。

二度手間になるけれど、これで不妊のクリニックに行って薬のことも相談出来そうです。
明日、早速行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

体外受精の説明会

周期6日目 《36.43℃》

前から心の片隅にあったのですがステップアップ、考えてます。

LH検査薬と基礎体温の自己流タイミングで1年、通院して1年半。たまによい周期に巡り合っても、妊娠にかすったことすらありませんでした。
もともと周期が短くて年間のタマゴ消費量が人より多い上に、この頃はタマゴができにくくなっている。それに高FSHが続いてて3ヶ月に1回くらいしかチャンスが来ない、と心配な要素が山積み。
こんな状況だと、早いうちに体外受精へ踏み切らないとタイムアップはそう遠くない気がするんですよね。。。

体外受精に進むとなると正直いって怖いです。最後の砦に取っておきたかったし。でも、体外に進めば何が不妊の原因なのか分かるかもしれません。タマゴそのものなのか、受精障害なのか、着床できないのか。それによって多少は今後の見通しがつけばいいな、と思ってます。

私の通ってるクリニックではコーディネーターから説明を受けてから準備にかかります。ひとまず説明だけ受けておけば、始める時期はすぐでなくても良いみたいなので始めることにしました。

ちなみに、Drに「体外受精を受けてみたい」と話を切り出した時、驚かれたり、「早すぎるよ」とは言われませんでした。
あ、やっぱり?(^_^;)

予約は土曜日にとりました。
二人していって来ます。(^^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

FSH下がらず

周期4日目

今日は昨日のDay3の検査結果を聞きに行って来ました。土曜日なので受付~会計まで2時間コースです。診察室に入ったときのDrの声のトーンが低くて何となく分かってしまいました。( ̄_ ̄|||)

FSH:27.83

あぁ、やっぱり私はプラノバールじゃ下がらないんだなぁ。
このままだと自然排卵の可能性も低いので、カウフマンをして次周期に備えようということに
。案の定、またプラノバールを薦められたけどプレマリンとルトラールに変えてもらいました。プラノバールでFSHが下がったこと一度もないのに、どうしてまた薦めるんだろう?Drの指示を聞かない私が駄々っ子みたいだけど、個々の症状に対応して欲しいと願うのはわがままなのかな?

振り返ってみると、私は3周期に一度くらいしか誘発できる周期が来ないみたいです。悲し・・・(>_<。)
しかも、1年前はクロミッド1錠でタマゴは2~3個できてたのが、今ではセロフェン2錠でせいぜい1個。これって、やっぱり歳のせい?それとも薬漬けのせいなのかなぁ。
こうやって、つい犯人探しに走ってしまう自分がいます。
まだまだ先は長そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

今周期はGo?

周期3日目 《36.45℃》

テンプレート変えてみました♪ ちょっとすっきり見えるかな?
遊びに来て下さった方、間違えてないですから帰らないで下さいね。

今日は3週間ぶりに病院に行ってきました。
内診で例のタマゴ×2は消えてるのを確認できました。ほっとした反面、新たなちびタマゴも見当たらないのは気のせい?

とにかく今日のFSHが低ければ今周期はGo!ですが、明日の血液検査の結果を待ってから相談することになりました。前周期は見切り発進で失敗してたので。(^_^;)
FSHが一桁になってることを祈るだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイホームへの道のり ①

リアルタイムで見てくださってる方には分かってしまうのですが、ちょっと遅れ気味で日記を書いてます。まとめて書くとあれもこれも・・・と欲張って超長文になってしまいそうなので。
どうか、ごゆるりとお付き合い下さいませ。_(_^_)_

さてさて、実はこの秋のsai家は初AIHと平行して、マイホーム探しをしておりました。sai旦那も来年には37歳。30年のローンを組むにはちょっと遅すぎるくらいかもしれません。
周りの友人たちのマイホーム率が上がってきたこともあり、そろそろ・・・みたいな流れが押し寄せていました。

今、住んでいる場所は本当に暮らしやすいのですが、何せ地価が高すぎて手が出ないのです。。。頑張ればマンションなら買えるかもしれないけれど、もともと郊外育ち・一戸建て派な私たちとしては、ちょっと下っても一戸建てを買いたい!というのが共通の希望でした。

そこで、狙っている地域を探検してみたり、住宅情報誌(←今は無料で配ってるんですね~便利!)やネットで物件をチェックしたりと情報収集に励み、とある沿線に目を付けたのです。
一般にはあまり人気が無いものの、sai旦那の通勤には乗り換えが無い私鉄のH線です。SK駅ならば、駅前の区画整理も進んできたようですし、生活に必要なものは徒歩圏にあるので暮らしやすそうでした。(*^^*)

ひとまずは狙う駅が絞れてきたので、住宅情報誌を見ていくつか資料請求もしました。まだまだ現実味が無かった頃でした。
そこへ、1本の電話が入ったことで怒涛のマイホーム探しへと突入したのです。

続く。。。(多分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月30日 (木)

やっとリセット

周期2日目 《36.52℃》

昨日の夕方頃、やっと赤いものが来ました。よ、良かった。。。
昨日は高かった体温も今日は少し下がってきたようです。前回とは違って今回はきちんとした鮮血を見たので安心しました。

何だか、リセットするとがっかりしていた昔(?)が懐かしい感じがします。(*゚‐゚)・・・ボー 今はリセットすると嬉しいです。
例えそれが薬の力でも、生理が来れば次へとつなげる猶予期間があるってこと。それが果たしていつまであるのか微妙だけど、大切にしたいです。

明日は病院に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

***11月 リセット周期***

***11月 リセット周期***

11/12 D1 リセット。黒いオリモノ程度で2日間
11/14 D3 左20mm、右11mm 内膜:薄い(生理直後の状態)
11/14~23 プラノバール夜1錠 10日間
11/24~   リセット待ち。

*********************
今回のリセットは有り得ないほど量が少なく、黒いカスのようなオリモノが2日続いただけ。
こんな時は何かあるんです。。。
内診の結果、やっぱり高温期に次のタマゴが育ち始めていました。しかも、こんなときに限って両方の卵巣にタマゴが出来てるんだもん。(ノ_-。)
FSHを測定するまでも無く、リセット周期に突入です。プラノバールに抵抗はあるけど、10日間で良いとのことでひとまず了承。
これでタマゴが消えなければ、次周期はカウフマンをしなくてはなりません。

何だかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

***AIH 2回目***

***AIH 2回目***

10/5  D1 生理痛はあるが、経血少なめ
10/7  D3 血液検査 FSH:15
        左:6.8mm
10/9~13  セロフェン 朝夕1錠
10/16 D12 左:20mm 内膜:4.2mm E2:140.18
10/17  D13  11時AIH  プロファシー5000単位
10/20 D16 排卵確認ok 内膜7.9mm 
10/20~29 ルトラール 朝夕1錠
10/27 D23 血液検査 E2:139.51 P:0.57
11/12 D39 リセット。鮮血が無く、黒いオリモノ程度の生理が2日間

*********************
D3の血液検査の結果が出るのが後日の為、見切り発進で治療周期になりました。D3で既に卵胞が6.8mmってのはちょっと大きかったんじゃないかなぁ。。。しかも、セロフェンを飲み終わってからタマゴチェックまで間が開いていたので、既に排卵直前。HMGを打つことができず、内膜が薄いままAIHになりました。
高温期のPもとても低く、排卵はしたものの空胞だったか、質が悪いタマゴだったのだと思います。リセットも、生理と呼べる代物ではありませんでした。
次周期は注射だけでタマゴを育てる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«***AIH 1回目***